Folks Soul -失われた伝承-攻略

2014年08月18日

魂震えて

5fe764bc.jpg


↑チマチマプレイしていたFolks Soulも今日で最終回。
いよいよラスボス戦です。

極力ネタバレ抑えてあくまで攻略メインで書いていきます。



5524ee6f.jpg


↑スケアクロウ戦開始。長期戦は必須。
しかも回復手段はないので極力ダメージを食らわないでいきたい所。

このゲーム、ボス戦は回復手段ないから結構キツイ。


7b007d14.jpg


↑最初はフォークスを結構封印されていてパニくる。
わずかに使用可能なフォークスを総動員して挑みます。



feeff781.jpg


↑クロウヘッド第一形態は水、破壊、切断、無属性が有効。
ここは破壊属性のデガッサー先生に頼ります。

さぁどんどんぶん殴ってちょうだい!


3dc3bb3f.jpg


↑第二形態は雷・破壊属性が有効。
第三形態は水属性が有効。

後半に行けば行くほど敵の攻撃も激しくなってきます。
上からも下からも激しすぎてエレン大変。


dc94afc8.jpg


↑第3形態まで撃破すると全方位ガード可能な頼れる
守護神スプリガン先生が解放されるのですぐにセット。



a50c9bea.jpg


↑スケアクロウ本体には風属性が弱点ですが、ここは威力が大きく
かつ適当に撃っても当たってくれるガルガンチュアを使ってみます。

使いづらいフォークスでほとんど使用しなかったが

ここでガルガン日の目を見る。



953a26e2.jpg


↑攻撃に集中ばかりしていると、いきなり鳥が飛んでくるので
スプリガンでガード。

この鳥の軌道が結構変則的なので、攻撃より防御メインで攻略した方がいいです。


……でコツコツ地道にボスにダメージを与えていき、ついに…。



0543b775.jpg


↑ID引っこ抜き開始!
最後の引っこ抜きとあって途中で入るイベントも胸が熱くなる展開です。



2a867518.jpg


↑独特な世界観と良質なシナリオだったFolks soul。
続編も見てみたかったが、会社がなくなったそうで残念。

今時珍しい2週目の引継ぎ機能がないので、1週目でやめときますが、
エレンは可愛いし、キーツのクエストは笑えるものもあって楽しめました。

エレン幸せになれよ。
キーツも色々あったが、まぁ奴の事だから割と飄々と生きていくような気もする。


そして音楽も秀逸でした。

ED曲が西川兄貴の曲でビックリ。
でもって違和感なくマッチしてたので更にビックリでした↓

Folks soulエンディング曲。
abingdon boys schoolのNephilim


RG07760 at 22:33|Permalink

2014年08月12日

ボスは変化球

台風が去っても、そう暑くならず比較的過ごしやすい温度です。

しかしプレイ中のFolks soulは終盤中の終盤なので、手に汗握る
熱い展開です。


fd640b05.jpg


↑女同士のガチンコバトル、リヴァネ戦開始。

この人も妖精王と同じくバリアを張ってくるのでまずはそれを
引っぺがす必要があります。


f21575e4.jpg


↑リヴァネは粘着攻撃で足止めすると良いらしいようですが、
ドラケイ全然強化してなかったので焦る。

ぶっちゃけ粘着性のフォークスって使えないと思うの。



fc159ef6.jpg


↑バリアを破壊するのは雷か水属性の攻撃で。
ここは戦争界のガ・ポー先生の雷パンチをお見舞いしてやります。

ほれほれ遠慮なく食らいやがれ!


f5bf610a.jpg


↑リヴァネは槍で攻撃してきますが、リーチがかなりあるので
ここは安全に全方位ガード出来るスプリガンをセット。

こうしてスプリガンで防御、ガ・ポーでバリア破壊、破壊後はドラケイで
ネバネバにしぶん殴る…をしばらく繰り返し女の戦い終了。



93caf4b4.jpg


↑その頃キーツは別行動。
んで色々イベントが入り……。



517a8da9.jpg


↑いよいよ黒幕が…てかスケアクロウ、お前がラスボスかよ!!!

何となく付属のガイドブック読んでて胡散臭い奴だとは思ってたが、
まさかのラスボス。何これ予想外。



e77ec351.jpg


↑色々変化球展開が多いこのゲーム。
地味に面白いです。

しかしエレンが毎回コスプレしてんのにキーツは突っ込みを入れないのだろうか。
イマイチこの二人は仲がいいのか悪いのか分かりません。


RG07760 at 00:06|Permalink

2014年08月05日

女子力

1fdd39cc.jpg


↑引き続きFolks soulです。

キーツにボコられた妖精王を気遣うエレン。
ホントええ子や…。

じいさんも涙目だったに違いない。



df988537.jpg


↑グッバイ、妖精王!
主従というよりは何だか孫と爺ちゃんみたいな関係だったな。。

しかしあなたラスボスじゃなかったのね、マジで。


18902990.jpg


↑今度はキーツからエレンにチェンジして深奥へ向かいます。
宇宙っぽい神秘的なステージです。が……。



f53e2e04.jpg


↑結構敵の配置がやらしいうえ、ID引っこ抜きも面倒。
複数の敵が襲ってくるので無理してID吸収はやめ、ボコって進みます。

そして苦労して進んだ先には……。



4ce464f0.jpg


↑キーツの上司?リヴァネがお待ちかね。

あら嫌だ、何かこの人も殺る気満々。

キーツは妖精王とガチンコでしたが、エレンはリヴァネと戦う模様。
まさかここでリヴァネ戦とはな…想像してなかったです。



3d2d27a4.jpg


↑キーツ顎で使われる。
実は妖精王より遥かに年上らしいリヴァネ姐さん。

究極の若作りか?

いやそれより私、

あなたの独特な髪形が気になります。 


e579c431.jpg


↑拳でぶつかってナンボとな?
何とも漢らしい姐さん。惚れてまうやろ。

…えっとこれ何のゲームだっけ?百合だっけ?

違う、村の殺人事件と主人公の過去の秘密を探るミステリーでサスペンスな
ゲームです。


RG07760 at 11:04|Permalink

2014年07月25日

おっさんVSじいさん

毎日暑いですね。
現在プレイ中のFolks Soulも終盤戦で熱くなってまいりました。


f5057072.jpg


↑いずれ戦うだろうなと思っていた妖精王登場。
メルヘンチックな格好だけど爺さんというこのギャップ。



76dc8c17.jpg


爺さん殺る気満々。

てっきりエレンと戦うのかと思いきや、キーツなんですね。
まぁエレンは一応協力者だったけど、キーツと妖精王は完全敵対してましたしね。

男同士の戦い投入です。



e3fdc3f3.jpg


↑自称27歳(でも見た目どう見てもおっさん)VS長生きしすぎて年齢不詳な爺さん。

てっきりガチンコかと思いきや…。



47d081e9.jpg


↑何とジジィ雑魚召喚!
自分はバリア張って隙を窺いつつチマチマ攻撃してくるセコイ戦法取ってきた。

……これだから今時のとっしょりは……。



969e7213.jpg


↑雑魚に気を付けつつ、爺さんを攻撃。
辛抱強くバリアを破壊します。




3b2fab90.jpg


↑バリアが剥がれると爺さんもしばらく動かなくなるので……。



973db6f3.jpg


↑その隙に威力の高いフォークスで集中砲火!

おらおらおらぁ!

地獄界の燃える焼き鳥デュランダル様の

暑すぎる攻撃でも食らいやがれ!!!
 



29551f30.jpg


↑こうしてジジィに焼き入れて試合終了。

全く妖精王なんて立派な肩書のわりに戦闘方法が姑息な奴だったぜ…。
完全にかませ犬かしら、この人……。


RG07760 at 09:29|Permalink

2014年07月13日

メカにはメカを!

1be86928.jpg


↑ちょっと間が空きましたが、コツコツプレイしてます、Folks Soul。
いよいよ最終章の異界真王へたどり着きました。

今までの薄暗いステージと打って変わってここは青空が爽やかです。

しかし…。



0d26c987.jpg


↑BGMがほぼないのと、敵がいきなり背後から出現したりと
気味の悪いステージです。

プチホラー?


588482e1.jpg


↑さすが最終章とあって敵も結構強いです。
とにかくセーブポイントまで慎重に進みます。

MP回復が早い新コスチュームのお蔭でフォークスも結構連発で
使役出来るようになりました。

もうちょっと早くこの霊衣手にしたかったよ…。



7c16e4f3.jpg


↑やらしい敵グラジオラス。
固いわ、しつこく追跡してくるわ、ダメージでかいわ、苦手な奴です。。

リーチも長いからひたすらヒットアンドウェイ。
でも時々殴られる。


cc5527e3.jpg


↑目には目を、メカにはメカを!

おらおらぁ!

戦争界のデガッサー先生のパンチでも

食らいやがれ!!



う~ん、戦争界のフォークスはホント頼りになります。

エレン操作時では戦争界のフォークスを徹底的に強化してました。
キーツの戦争界フォークスは使いづらいんで、ほぼ無強化でしたが。

主人公によって同じフォークスでも性能違ってて、なかなか細かいゲームですね。

しかしエレンもすっかり逞しくなったもんだ。
人は変わります、はい。


RG07760 at 12:29|Permalink